新卒からスピード退職しないために

新卒

新卒について

新卒からスピード退職しないために

新卒からスピード退職しないためには、事前の情報収集が重要です。

現代日本の社会問題のひとつが新卒のスピード退職であり、入社して早いと3ヶ月以内、もしくは1年以内、長くても3年以内で退職してしまい、離職率が高いのです。

せっかく就職氷河期を乗り切って就職したのに、3年以内に退職してしまうのは何故か、当然理由があります。

就職活動をしていた当時は会社への希望に満ちており、新入社員としてやる気に溢れているとしても、実際に働いてみると自分に能力がないと感じてしまった場合があります。

もしくは会社への不満が積み重なったり、職場での人間関係が悪化してしまったり、思ったり待遇が悪いと感じてしまったりします。

こうしたスピード退職とならないためにも、事前にどんな職場なのかリサーチが必要です。